高反発マットレスおすすめランキング

腰痛で悩んでいた当サイト管理人がおすすめする、高反発マットレスたちです。

体圧分散と適度な硬さ、弾性力のよいメーカーを選んでみました。いずれも人気商品で実績のあるマットレスです。

  • 満足度94%!モットン

    モットン画像

    腰痛で悩む方に是非おすすめしたいのがモットン。

    ベッドに横たわった時に背骨が自然なS字カーブとなるので腰に負担がありません。

    体圧分散と弾力・復元性は極上の睡眠をサポートしてくれる高反発マットレスです!硬さの尺度は140Nとなっています。

    90日間のお試しができ、気に入らなければ返品&返金にも対応してくれます。返品対応はこの業界ではほとんどありませんので大きなメリットです!

    価格はキャンペーン中なら→シングルサイズ39,800円、セミダブル49,800円、ダブル59,800円(税込)

     

  • エアウィーヴ

    エアウィーヴ画像

    浅田真央ちゃんが広告塔になっている高反発マットレスは人気のエアウィーヴです。正式名称は「マットレスカバー」ということで、今使っている布団やマットレスの上に乗せて使うようになります。価格 シングルサイズで68,040円 (税込)

     

  • ドルメオ

    ドルメオ画像

    日本の寝具メーカーで有名な「西川」がイタリアから取り寄せて販売しているのが高反発マットレスのドルメオです。12年の保証付き、硬さ165N。
    価格→シングルサイズで43,092円。厚みのある2層タイプは64,692円(税込)

     

  • マニフレックス

    マニフレックス画像

    50年以上つづくイタリアの寝具メーカー、マニフレックス。高反発マットレスは体を包み持ち上げてくれ、指圧効果によって血行がよくなるように作られています。
    価格→シングルサイズ39,204円~47,520円(税込)

     

  • iSLEEP

    iSLEEP画像

    楽天で販売している格安価格帯の高反発マットレス、ゆえに人気で買い求めしやすいです。すぐへたっても構わない、お試しで使ってみようという方におすすめです。硬さの数値は硬めの180Nです。
    価格→シングルサイズで6,980円(税込)

     

楽天やamazonで商品を探すときのご注意。
商品のタイトルやページの中にメーカー名が入ってる物がありますが「◯◯風」となっていたり「◯◯と同じ素材」となっていたり、正規品でない場合がありますので、よく読んで、価格などをチェックして購入されるように注意してください。

高反発マットレスの特徴!

高反発マットレスというのは「押してもすぐ戻ってくる」というイメージをしてもらうと分かりやすいと思います。

逆に「低反発」というのが一時期流行っていましたが、低反発は押したらゆっくり戻ってくる素材です。

高反発マットレスの良い所は弾性力があるので身体が沈みにくいといった特徴があります。

高反発マットレスのメリット

高反発のメリットは多数あります。復元力があるため身体が沈みにくいので、体圧分散に優れ、身体を適切な状態でやすめやすいです。

ひとの骨格にも無理のない自然なバランスを保てるので、筋肉のこわばりも無いですし、重い腰の部分が沈み込まないので腰痛の方にとくにお勧めです。

「高反発マットレスに変えたら腰痛が治ってきた」といった声もよく聞かれます。

また1晩で寝返りは30回前後するのが通常ですが、寝返りがしやすくなり血液やリンパの流れもよくなります。

通気性にも優れている素材なので多湿の日本でも維持しやすいことが挙げられます。

高反発マットレスのデメリット

ウレタン素材ということがあり「ヘタリやすさ」を心配する声もありますが、高反発マットレスは低反発マットレスや、スプリングマットレス(ボンネルコイル)よりは耐久性があると言われています。ポケットコイルのほうが耐久性はあります。

一般的に「高価」であると言われるのもデメリットかもしれません。5万円前後はかかりますが、低価格帯商品で1万円未満で買えるものもあります。このへんは品質や耐用年数にもよりますね。

高反発マットレスの選び方

・日本人向けに作られていること
マットレスに関しては布団文化の日本よりも海外のほうが進んでいると言われています。

海外製で人気のマットレスも日本に入ってきていますね。しかし海外のマットレスをそのまま日本に持ち込んだのでは日本人の体格や骨格、体重に合いません。

日本人向けに作られたマットレスを選ぶようにしましょう。

・日本の気候にあわせて作られていること
日本の気候はご存知の通り、高温で多湿、四季もあるので「通気性」がよく、湿気がたまりにくいこと、「ムレにくい」ことが良い条件となります。

・体圧分散に優れ、腰への負担が軽い
身体の重みをマットレスが受け止めてくれることが大事。

一点に沈みやすいものだと筋肉の負担になります。

理想的な睡眠姿勢のために「体圧分散」のキーワードを覚えておいてください。

・値段と品質の比例関係
高反発マットレスは一般的に、素材と開発費で値段が変わってきます。

値段が安いものは素材の密度が低く耐久性がないものが多い。逆に値段が高いものほどしっかり作られて弾性、耐久性に優れるものとなってきます。

マットレス購入の予算とどれぐらいの年数を使う予定なのかで、検討してみてください。

高反発マットレスの使用感

購入した商品

管理人が購入してみたのはこちら。ダンボールに頑丈な包装で届きました。中を開けるとこのような白い箱に入っています。

本製品の保証書

丸められて入っています。真空状態なのでマットレスを取り出すと平らになっていきます。勿論、保証書が入っています。

高反発マットレスをベッドに敷いたところ

ベッドにセットするとこのような感じ。床に敷いても大丈夫です。表面に光沢がある材質ですので、カバーをして使いましょう。ちなみに枕も高反発枕を購入。枕は寝姿勢が影響するので自分に合ったものを選ぶ事をおすすめします。

手で押した時の戻り具合

男性が両手でグッと押してもこれぐらいの沈み込みです。寝ると身体が面で全体的に支えられてる感があり安定します!偏頭痛で悩んでる子供にも使わせていますが非常に寝やすい様で気に入ったみたいです。

「モットン」の公式ページを見る

 

慢性的な腰痛の改善

サイト管理人は慢性的な腰痛で座っているだけで痛みが蓄積していくような腰痛でした。前かがみになるとピリッと痛くなったり、足を伸ばして寝るとギクッとなったり・・・旅行で1日出かけたら腰痛に加えて股関節痛までよくおこるような身体です。

そこで整骨院に通い始めました。その中で先生から「高反発マットレスは詳しく知らないけど硬めの腰に負担が少ないものにしましょう」という話を聞き、整骨院+高反発マットレスで過ごし始めました。

結果はすごい効果があり整骨院のおかげなのかマットレスのおかげなのかわかりませんが(笑)相乗効果だと思います。座りっぱなしの旅行やデスクワークを1日続けても大丈夫な身体になったのです。これにはビックリしました。また、疲れが貯まって痛くなっても次の日には回復できるようになりました。

身体の動かし方、姿勢の保ち方なども勉強してきたのでしっかりした体幹を維持出来るようになったのだと思います。腰痛のタイプは人それぞれだと思いますが時間とお金を使って自分が出来る範囲の対処をしてあげましょう。じゃないと色んな所に影響が出ちゃいますからね。

私以外の方の高反発マットレスの口コミを募集しました

・モットン 高反発マットレスセミダブル

以前低反発マットレスを使用していたのですが、体が沈み込むことで却って腰痛が悪化してしまいました。ネットで調べたら腰痛には体が沈み込まない高反発マットレスが良いと書いてあったので売り上げランキングでも上位で口コミ評判が良いモットンの高反発マットレスの購入を決めました。

モットンのマットレスはベッドフレームの上に広げて上に乗ると確かに体が沈み込まず、横になると均一的に体がしっかりと支えられているのがわかりました。実際に寝てみると体が程よく支えられているせいか、すごくしっくりきて自然な感じで腰に負担がかからずに眠りにつくことができました。

朝起きてみて驚いたのが、低反発使用時には起きると腰が固まって、よっこらしょと言いながらでないとベッドからでられなかったのにモットンの高反発にしてからは、朝起きた時は体の節々や腰が非常に軽く、さっと起き上がることができたことです。起床時の全身の気だるさも全くなくなり、眠りの質もすべてが向上したことを実感しています。

お値段はセミダブルで5万円ぐらいで、確かに高い買い物でしたが、これだけの快眠を得られるようになったので十分に納得できる買い物だと感じています。現在は腰痛も改善し、健康になったようです。

・マニフレックス モデル246

このマットレスにする前は、冬になると背中の冷えが気になって眠れないということが続いていました。マットレスを買えたら改善するかもと思って選んだのがこのマットレスです。

数種類のマットレスを取り扱っている店舗で低反発のものと高反発のものの寝心地を試してみたところ、私は高反発のものの方が好みだなと感じました。その中でもマニフレックスの高反発タイプのマットレスは寝心地が良く、マットレスの厚さも好みでした。実際購入してみて気がついたのですが、このマットレスにしてからは仰向けで眠れるようになりました。それまでのマットレスでは仰向けの姿勢では何だか疲れて横を向いて寝ることが習慣になっていたのです。仰向けで眠れるようになったおかげか、朝起きた時の疲れの残っている感じが随分無くなりました。背中の冷えに関してはもう全然違います。体圧がうまく分散されているおかげかなと思っています。

購入時のサイズが、真空パックでロールアップされていてコンパクトだったことも購入の決め手になりました。寝室が3階だったため、コンパクトな状態で寝室まで運ぶことができたのはとても楽でした。ベッドの上でビニールカバーを外して復元しましたが、そんなに時間はかかりませんでした。保証が12年と長期なのも魅力です。それだけ長く使えるということですよね。そう考えると価格はとてもお手頃だなと感じました。2週間に1度、上下を返して使用しています。

このページの先頭へ

FXで稼ぐ