ここではポケットコイルマットレスとはどういった素材、仕組みのものか簡単に説明しています。

ポケットコイルマットレスと、高反発マットレスの違いとは

ポケットコイルマットレスとは、スプリングが内部に備えられたマットレスの一種です。

つまりマットレスを構成する素材に注目してつけられた名前です。

一般的なスプリング式のマットレスは、内部のバネがつながっているので一部に圧力を加えると全体が沈みます。

一方、ポケットコイルマットレスは、袋に入った小さなコイルがたくさん内部に敷き詰められており、コイルが独立しているのでマットレスの一部に圧力を加えても他の部分には振動が伝わりにくくなっています。

言うなれば、従来のスプリング式のマットレスが身体を面で支持するのに対して、ポケットコイルは点で支持します。

およそ500本のコイルが入っているものが一般的ですが、なかには1000本を超えるコイルが備えられているものもあります。コイルの数が多いほど、横になった時に体を支える点が多くなるので、体全体にフィットして快適な寝心地を提供します。

高反発マットレスとの違いを見てみる

高反発マットレスとは、反発弾性力の高い素材を使ったマットレスで、高反発ウレタンなどが使用されることが多いです。ポケットコイルや、特殊樹脂等で実現している場合もあります。

つまりマットレスの性質に着目して付けられた名称ということです。

反発力が強いので、横になった時に沈み込みそうになる体をすぐに押し戻します。

寝返りがしやすく体圧を分散しやすい素材なので、体重のある人に向いており、腰や肩に負担がかからないことが特徴です。

ポケットコイルマットレスは、中のコイルがひとつずつ袋に包まれているため、通気性の面では高反発マットレスに劣ります。

しかし、高反発マットレスよりも振動が伝わりにくい特徴があるので、家族で同じベッドに寝る場合、ポケットコイルマットレスなら一緒に寝ている人の安眠を妨害しないというメリットがあります。