ニトリの高反発なマットレスを使用しています。買ったときの事や使用感を口コミしちゃいます。

値段のわりになかなかいい仕事してます!ぜひ店舗に行って体感してみてください。

侮りがたい、ニトリの高反発マットレス

ニトリといえば「お値段以上、ニトリ」のキャッチフレーズで多くの方が認知しているインテリアの大手ですね。

一階がインテリアや小物を扱うフロアになっていて二階はデスクやベッド、マットレスなど大物家具を揃えたフロアで展開しているようです。

今日はニトリで購入したマットレスのレポートをしたいと思います。

ニトリのベッドやマットレスは比較的価格が「安い」傾向があるように思います。勿論値段が高いものも置いてありますが、トータル的に見るとファミリー向けリーズナブルな商品を揃えている印象です。しかし商品としては品質が良い方だと思います。つまりコスパがいいのがニトリの特徴と言えます。

私が購入したマットレスも既に3年間使っていますがヘタリもなく買った時を維持しているように思います。(実際は買った時より凹んでるのかもしれませんが)

まずニトリはフロア内に様々なベッド及びマットレスを試用出来るようにディスプレイされていますので1つ1つベッドに横たわって(靴のままでOK)みる事をおすすめします。寝るときの姿勢、仰向け、横向き、うつ伏せなど姿勢を試しましょう。加えてベッドに腰掛け、手で押して沈み込み具合もチェックしておくと良いですね。

高反発マットレスと言えば一般的には「高反発のウレタン」素材を指すと思いますが、ニトリでは「高反発ウレタン」と表示したマットレスは置いてませんでした。

ニトリで高反発マットレスを探すには

ポケットコイル、ボンネルコイル、ウレタン、低反発、などの文字は商品説明に見られますが敢えて高反発ウレタン表記をしている事が無いのかもしれません。というのは、様々な素材のミックスであったりいいとこ取りと言えば良いでしょうか。ハイブリッドと言いましょうか、ニトリのオリジナルの構造になっているのです。

または商品のタグにN(ニュートン)の表記があれば、それも探してみてください。Nの数値が高い方が反発力がある事を意味しています。100N~170Nあたりで探せばお目当てが見つかるはずです。

なので店員さんを呼んでどれが該当するか、一般的な高反発と同じ性能のものはどれか問合せてみると良いでしょう。見つからないままフロアをウロウロする事になりかねません。

さて、ニトリのマットレスですが体圧分散に優れています。腰痛の方でも問題なく使う事ができ、改善の効果も期待できると思います。ただ私が使った感じではちょっと湿っぽいというか長く使ってるからかもしれませんが、汗をかいて通気しにくいのかもしれません。2週に1回は立てて空気にあてたり乾燥させるなどの維持が必要かと思います。

こうすれば安くてもヘタりにくく長く使えると思います。