高反発マットレスにも種類があります。ベッドに乗せるタイプの他に、折り畳みが出来るものもあるのです。

では折りたたみが機能するシーンや、使い方はどうすればよいか、買った方がいいのか買わない方がいいのかもお伝えします。

折りたたみ(二つ折り、三つ折り)高反発マットレスの使い道

一般的な高反発マットレスは、素材の密度が高いので他のマットレス比べて重量が大きくなります。

ちょっと移動させたい時や干したい時など、この重さは少し不便を感じます。その問題を解消してくれるのが折りたたみマットレスです。

高反発マットレスのなかにも二つ折り、三つ折りができるタイプがあり、持ち運びに便利です。

大きくて重いマットレスだと、動かすのが億劫で、ついつい敷きっぱなしになりがちですが、折りたたみ式なら簡単に動かせるので立て掛けるのも簡単です。


収納と通気性のメリット

マットレスにはウレタンを素材とするものが多く、そのため通気性が悪いとカビやダニが発生する原因になります

とくに「低反発」のほうは通気性が悪いのですが、「高反発」のほうはわりと通気性は良い方です。

また、日常的に立て掛けておくことで風通しを良くしておけば、除湿にもなりカビを防ぐことができます。

もちろん、マットレスが2つや3つに分かれるということは、収納の際に占めるスペースがコンパクトになるという利点もあります。

畳の上に置いても良い厚みのある高反発マットレスもあります。押入れに収納、畳に敷いて使うスタイルです。

来客用に折りたたみ

コンパクトに折りたためて収納もしやすい、となれば来客用に使うという手もあります。

今は自宅にお客さんを泊める、というご家庭は少ないかと思いますが、使う頻度もあまりないので安い折りたたみマットレスを1つ用意しておくだけで十分活用できます。

高反発マットレスなら寝心地も良いですし気に入ってくれるでしょう。

折りたたみマットレスの耐久性と寿命

2つ、3つに分かれることで、マットレスの寿命を延ばすことができます。

マットレスを長期間使用すると、体の重みでどうしても背中や腰の辺りがへたってきます。

へたったということは、高反発マットレスの特徴である反発力が失われたことを意味しますから、そのマットレスの寿命が尽きたということです。

ですが、たとえば3つに分けることができれば、それぞれの位置を入れ替えることができるので、同じ場所だけに圧力がかかり続けるのを避けられます。

つまり、二つ折り、三つ折りのマットレスなら、折りたためないものよりも長期間反発力を保たせる可能性があるということです。(手間ですが・・)

折りたたみマットレスの中には表裏をひっくり返して使えるものもあり、さらに長い寿命で使えるメリットもありますね。

折りたたみマットレスのデメリット

折りたたみマットレスはその性格からあまり高品質のものが販売されていません

低価格帯のものが多く従って低品質と言わざるをえないような商品もおおいのです。

値段は3000円程度からありますから一時的に使うぐらいなら特に問題ないでしょう。(やはり来客用に保管しておくでもじゅうぶんです)

それから三つ折、二つ折りでもそうですが、折り目の部分にゴミが溜まりやすいと感じます。

痕もつきやすいし気になる方もいるかもしれません。

寝るときに使って、起きたら折りたたんで、通気性をよくするために立てかけて、、、、

なんてやってると当然ヘタリや擦れによる布のほつれも出てくる可能性があります。

こういったデメリットは必ず出てきますのでそこを承知の上で購入されることをおすすめします。

学生さんの一人暮らし向けとして使うぐらいでよいと思います。