私も高反発マットレスで腰の痛みがだいぶ緩和されて、朝起きる辛さがなくなりました。腰が曲げられない、寝てるだけで腰が痛い、起き上がるのがつらい、そんな方はぜひ高反発マットレスで自分にあった態勢で寝られるようにすると良いと思います!

普通のマットレスや低反発マットレスでは腰痛はよくなりません!

高反発マットレスが腰痛にいい理由

腰痛持ちの人には高反発マットレスが良いと言われていますが、これには理由があります。

人間の理想的な睡眠時の姿勢は、立った状態と同じように背骨がゆるやかにS字カーブを描く状態です。

この姿勢を保つには、マットレスが硬すぎても柔らかすぎてもいけません

柔らかすぎるマットレスでは、お尻や肩など体重がかかる部分がマットレスに沈み込みすぎて、特定の部位にばかり体圧がかかり、睡眠時の姿勢が崩れます。

また、硬すぎるマットレスでは体とマットレスの接地面積が小さく、マットレスと接する肩、背中、腰に体圧が集中して疲労の原因になります。

高反発マットレスの体圧分散で腰の負担を軽減

体圧分散の図、高反発は背中、腰、足全体に均等に辛くない程度に圧がかかるので面で支える

高反発マットレスは、反発力が強いので体が沈み込みすぎないうえに、体の凹凸に合わせてフィットします。

体圧が均一に分散するので、特定の部位に負担がかかることを防ぎますから、腰痛で腰が痛い方に最適というわけですね。

寝返りをしても背骨と腰骨が安定

人は眠っている間に30~40回ぐらい寝返りすると言われていますが、寝返りをした時の横向きの姿勢がゆるやかなS字を描く状態が理想です。

柔らかすぎる低反発マットレスでは寝返りを打つのが難しく、硬すぎるマットレスでは横になった時に骨盤の辺りに体圧が集中するので、体に負担がかかります。

高反発マットレスなら、寝返りもしやすいうえに、横向きの姿勢時に肩から腰、脚に至るまでしっかりとフィットしつつ支えます。

このように高反発マットレスは、低反発マットレスに比べて腰痛改善に適しているという傾向があります。

しかし、体に合うマットレスは人それぞれ違うので、購入する前には実際に横になって寝心地を確かめることをおすすめします。

高反発マットレスで腰痛改善の体験談

これまでよく知られている低反発マットレスを使っていましたが、沈み込みが大きく腰痛の私には辛く、また夏場はムレるため寝心地が最悪でした。

寝返りの時に目を覚ますようなこともあったほどです。

低反発はかなり値段のするものを買ってしまったので今更買い換えるわけにはいかず使い続けていたのです。

けれど腰が辛いことから高反発マットレスに変えることにしました。

はじめは硬めの感触でしたけどそのぶん全体的に体重が支えられてる感じになりました。

腰骨付近が楽になり腰痛も改善してきました。また、寝返りが楽になるし目を覚ます事もありません

寝返りしやすい事は腰痛の軽減に重要なんだと気づきました。

高反発マットレスは高い海外のものですと10万円以上もしますが、一般的な品質でしたら5万円前後で買えると思います。

私のように腰痛で寝心地が悪い生活をしている人ほど高反発をおすすめしたいですね。

腰痛向けランキング

  1. モットン

    体圧分散がとてもいい感じで腰に重みがありません。起き上がり時のつらさがない高反発マットレス「モットン」です。WEB購入でも返金保証があるのでお試し可能です。

  2. エアウィーヴ

    エアウィーヴはちょっとお値段が高め。でも特殊な樹脂でグングン押しても弾力がすごい。腰への負担がないように身体を横たえる事ができます。

  3. ドルメオ

    日本の西川産業が販売する、イタリア製のマットレスブランド。高反発マットレスです。