腰痛の治療のためには様々なアプローチがあります。私もぎっくり腰や慢性的な腰痛に悩まされ、整骨院、整体院、カイロプラクティックなどに通っていました

また1日の3分の1の時間を費やす睡眠でのアプローチも効果があります。腰痛対策のために正しい寝姿勢を作るためのマットレスの選び方をご覧ください

腰痛対策のためのマットレスの選び方

寝具が体に合っていないと、体によけいな負担がかかり、不眠や腰痛の原因になることもあります。

腰痛対策でマットレスの導入を考えている人も、選び方を間違うと症状を悪化させてしまいかねないので慎重に選びましょう。

腰痛に負担をかけない理想の寝姿勢

人間の背骨は横から見るとゆるいS字を描いています。これが通常の状態です。

腰痛対策のマットレスには、眠りについた時に、このS字カーブの状態を保持できるということが重要です。

そのためには、マットレスは、硬すぎても柔らかすぎても、言い換えれば、横になった時に腰が反りすぎても、沈みすぎてもいけません。

適度に反発があり、かつ、リラックスできるもの、具体的には、圧力が体全体に分散され、かつ、寝返りが打ちやすいものということになります。

以上の条件を満たすのが、反発マットレスです。

腰痛対策に、高反発マットレス

高反発マットレスは、金属バネ(スプリング)やコイルが入っていない、「ウレタン素材」が使われる事が多いです。

反発力と復元力の強い素材でできているので、加えられた圧力に素早く反応して、元の形に戻ろうとします。

ですので、横になった時に沈み込もうとする体を押し上げてくれるような感覚が得られます。

重量のある腰部だけが沈むこともなく、体全体にまんべんなく圧力が分散されるので、寝返りがうちやすく、理想的な姿勢である背骨のゆるやかなS字カーブを保持することができるのです。

一方、硬すぎるマットレスや薄い敷布団だと、圧力のかかる腰にばかりダイレクトに負担がかかるので腰痛対策には適しません。

高反発の逆で「低」反発マットレスというのがあります。

こちらは体が沈み込むので寝返りがうちにくく、血行の悪化、筋肉の負荷、背骨の歪みになるので適切ではありません。

 

高反発マットレスは、寝ている間に自然とリラックスした姿勢を取ることができるので、腰痛に悩んでいる方をはじめ、体を動かしづらい筋肉の落ちた高齢者や妊婦にも適していると言えます。

前かがみで痛くなる腰痛のひとは固めのマットレスを、後ろに反れない痛みの腰痛のひとは柔らかめのマットレスを選ぶとよいでしょう。

腰痛もちにおすすめ高反発マットレス3つ

高反発マットレスのおすすめをいくつか紹介します。

 腰痛対策 高反発マットレス モットン

まず、腰痛向けに最もおすすめなものが「モットン」です。

高反発マットレスで腰痛で悩む方のために作られた製品。反発力、弾性がしっかりしていて腰への負担を軽減できます。安心の90日間返金保証キャンペーンを実施しているので、リスク無く試す事ができます。


 

 マニフレックス

アスリートが使っていることでもおなじみのマニフレックスもあります。イタリア発のマットレスで、体格の大きい欧米人の体でも支えられる高反発です。耐久性も高く、長く使うことができます。値段は高めです。


 

 エアウィーヴ

エアウィーヴもアスリートをはじめ多くの人に愛用されている高反発マットレスです。細いポリエチレンの繊維が複雑に絡んだ構造の素材で、反発力が強く体圧分散性に優れていると同時に、通気性も良いので蒸し暑い日本の気候にも適しています。値段は高めです。


 

 ドルメオ

イタリア発祥で日本では西川産業が取り扱うドルメオは、上に挙げた2つよりお求めやすい値段で幅広い層に支持されています。高反発のウレタンフォームが高い体圧分散性を実現しており、体重の重い人でも全身をしっかりサポートしてくれるので、腰への負担が軽減されます。

腰痛対策の体験談、高反発マットレスに変えて

私は50代を過ぎた男性です。腰痛に悩まされていましたけれど若いつもりで身体に負担をかけて働きつめでした。

ですので寝具を検討したりお金をかけるという事をしてきませんでした。

以前は自宅で畳の上で寝るために綿の敷布団を使っていたのですが腰痛が治らないのは当然ですし寝起きに身体が痛く感じ、疲れが取れない事がありました。

それで妻と一緒に布団の専門店に足を運んでみたのです。いよいよ身体が資本ですのでお金をかけるべきと思いました。

店員さんが親身になってアレコレ聞いてくれて私が慢性的な腰痛であることを伝えるとそれならば「高反発マットレスがいい」という話をされました。

「低反発」は聞いたことがありましたけど「高」は始めて聞く言葉。

昔は低反発で腰痛が治ると言われてた時代があったそうですけど不評が多く今は腰痛対策には「高」のほうが主流なんだそうです。

使ってみると反発力があり思ったより寝返りが簡単です。50代以降の男性・女性にはとてもスムーズに使えると思います。

おかげで毎朝起きるときの腰の負担が軽くなったと思います。今はこのマットレス1つで敷布団の上にマットレスを敷く従来の2枚重ねの使い方ではありません。

気をよくした私はこんどは枕にお金をかけようと思っています。偏頭痛が治る事も期待しながら。