めったに起こる事ではありませんがマットレスも湿気でカビが繁殖する環境にある場合があります。防カビ対策を考えていきましょう。

マットレスのカビ、通気性について

マットレスは毎日使用するものですから、適切にメンテナンスしないと、カビが生えたり、すぐに反発力が弱くなってぺちゃんこになったりします。

また、マットレスには高反発マットレス、低反発マットレス、ポケットコイルマットレス等の種類がありますが、それぞれの特性により通気性にも違いがあります。

マットレスを長持ちさせるためにも、その違いを理解し、メンテナンスすることが大切です。

高反発マットレスは、反発力が強く弾力性に優れているため、横になっても体が沈み込まないようになっています。そのため、通気性は比較的優れています。

また、素材には高反発ウレタンやブレスエアーが使われることが多いですが、密度の高いウレタンよりも、空気層でできているブレスエアーの方が通気性ははるかに高くカビにも強いです。

低反発マットレスも素材には主にウレタンが使われています。

反発力が弱い素材でできているので、圧力をかけるとゆっくり沈み込んでいき、ゆっくり押し戻そうとします。

寝心地はいいですが、体と接する面積が増えるため通気性はあまりありません

ポケットコイルマットレスは、不織布の袋に入った小さなコイルが中にたくさん敷き詰められています。

中が空洞のコイルでできているので、高反発・低反発マットレスよりも通気性が高いです。

メンテナンスの方法

以上のような通気性の違いがありますが、メンテナンス方法は共通しています。シーツをはがし、全面にしっかり掃除機をかけてホコリを取り除きます。

また、マットレスの向きや表裏を3カ月に1度ぐらいの頻度で変更するだけで、カビやダニの発生が抑えられます。ベッドとの間にすのこなどを敷くことも、通気性を良くする方法です。

掃除のタイミングなどに、マットレスを縦において両面とも風に当てる(部屋の窓を開ける、通期の良い部屋)などすればよりこまめに維持が出来るでしょう。

高反発マットレス 人気おすすめランキング