世間の認知度で言えば高反発より低反発マットレスの方が人気があります。ではその素材の特徴についてと、実際に使ってみた場合の口コミとなります。以下よりご確認ください。

低反発マットレスの使用感

マットレスには種類が有り、その中で低反発マットレスというのは「ウレタン」素材で作られたものの一種です。

少し前に枕で有名なテンピュールが日本に上陸しTVなどでも人気が出たので言葉自体は聞いたことがある、という方は多いでしょう。

他にも「トゥルースリーパー」や「マニフレックス」「大塚家具」などでも低反発マットレスを販売しています。

寝具屋やショッピングモール等で体験コーナーがあり、触れてみた事がある方は多いはずです。

まず押してみるとグッっと沈み、ゆっくり戻ってくる感触がします。触り心地が良いのが特徴です。

この低反発で寝る事ができたらどんなに気持ちが良いか想像しただけでも欲しくなっちゃいますね。

低反発マットレスで寝る時の特徴

触り心地が良いというメリットがある反面、デメリットもあります。

  • 密度の高いウレタンですので通気性が悪い
  • 身体を横たえると沈み込み戻ってこないのでムレる
  • 沈み込むクセがあり寝返りしにくい
  • 腰が沈みやすく負担がかかり腰痛の人には辛い

一般的にはこのような事が特徴として挙げられます。

けれど実際に使ってみた方の口コミや評判を見ると必ずしもデメリットばかりが強調されているわけではありません。

実際の口コミです

では、さっそく寄せられた口コミ・評判をチェックしてみてください。

今まで使っていたマットレスが薄すぎて、床に底付きするようになったので、柔らかいマットレスを探していたところ、低反発マットレスに出会いました。使い始めて数日で、ずっと悩まされていた肩や背中のこりがなくなりました。はじめは沈み過ぎるのではないかと心配していましたが、そんなこともなく寝返りもしやすいです。ウレタンが素材ということで、特有のにおいがするかと思っていましたが、それも気になりません。ウレタンなので夏場は熱が少しこもりますが、冷感素材のパッドを上に敷いているので快適に眠れています。

最近腰痛に悩まされていて、痛くて眠れない日々が続いていましたが、低反発マットレスにしたら、いつのまにか腰痛が消えていました。マットレスが体に吸い付くような感覚で、それでいてしっかり体重を支えてくれるので、朝まで熟睡できます。低反発マットレスがいいとは聞いていましたが、こんなに変わるものかとびっくりしています。

低反発マットレスにしてから、今までどれだけ睡眠中に体に負担がかかっていたかわかりました。横になると本当に気持ちよくて、朝起きた時の腰を中心とした全身のだるさが軽減されました。体が沈み込む感じですが、それでも寝返りに支障なく楽な姿勢で寝ることができます。寝起きに体がだるいという方には本当におすすめです。

高齢の母親のプレゼントに低反発マットレスを買いました。自分が使ってみてとてもよかったので、母親にも使ってもらいたくてプレゼントしましたが、ぐっすり熟睡できると喜んでいます。親子で目覚めの良い爽やかな朝を迎えることができて、たいへん喜んでいます。

以前使っていたマットレスの中心部分がくぼんでくるぐらいになったので、新しいマットレスをと思って購入しました。身体がよく沈むので寝心地が全然よくなりました。けど夏場に身体が沈む部分が熱がこもりやすく寝苦しいです。冷感シーツをかぶせて使うようになってしまいました。

※当サイトがアンケートを行い口コミを募集、掲載しています。


今日はわりと良い口コミを集めてみましたのでこのような好印象となりました。

個人的には低反発では腰痛の改善は厳しいのではと思っておりますが、低反発で腰痛がよくなったという人がいるのにはビックリでした。

低反発マットレスと腰痛の記事も参考にしてください。