発売直後から気になっていた「雲のやすらぎプレミアム」

ついに手に入れちゃいました!

腰痛で悩む私ですがかれこれ高反発マットレスを購入しまくって家族にも共有しています。

既に腰痛は緩和され(というかまったく無くなり)普通に過ごしていますけど高反発マットレスはとても気に入って使っています。

妻や子供にも高反発マットレスを使わせていて皆お気に入りですね。

さて、今回は日用品のネット販売の大手である㈱イッティが販売する高反発マットレス・敷布団の「雲のやすらぎプレミアム」についてのレビューです。

使ってみて初日でものすごく気に入ってしまいました。使い始めてまだ日は浅いですけど本音のレビュー記事を投稿しますので是非ご確認ください。

雲のやすらぎプレミアム公式ページ
≫雲のやすらぎプレミアム公式

雲のやすらぎプレミアムの口コミ!開封の儀

到着した商品ですが段ボール梱包ではなくてこういった袋に入ってきました。

テープをはがして開封するとこんな感じ。

不織布タイプの袋になっているのでチャックを開けます。使い方の紙も入っていました。

折りたたまれてはいっているので広げます。

雲のやすらぎプレミアムは表裏があってキルティング加工された生地になっています。触り心地はとてもいい感じです。

キルティングがひし形のほうが冬用面で、縦線のほうが春夏用とのこと。

厚さはこれぐらい。実際に測ると高さ15㎝でした。あれ?公式ページだと17㎝と書いてあったけど・・?と思ったら5層の繊維が重なって収縮するので高さが低くなる、と書いてありました。開封してすぐなので縮んでいたようです。

男性がグッと押すとこんな感じで沈みます。高反発マットレスだけあってけっこう弾力があります。春夏、秋冬面ともに同じように押してみました。

フローリングだけでなく畳でも使用できます。(ベッドフレームに置いて使用してもよいでしょう)

高品質規格を証明する「ファイン・グレード・ウール」とSEKマークのタグが付いていました。

これは使われている羊毛の基準(衛生的である度)が通常より高品質ということを表しているようです。

天然の羊毛なので粗悪品は衛生的でなく汚れてる場合があるようですが、この商品は大丈夫ということですね。

それからSEKマークというのは帝人社が開発した防ダニ・抗菌・防臭の中綿を使用しているとのこと。

雲のやすらぎプレミアム寝心地はNo1かも

雲のやすらぎプレミアム実際に寝てみました。

60㎏男性が寝た時はこんな感じです。

商品が到着してまもないので横から見るとまだ布団が折りたたまれた跡が付いていて平になっていませんけど日が経てばなじんでくるでしょう。

高反発マットレスの反発力・硬さの指標になる「N」ニュートンという数値がありますけど雲のやすらぎプレミアムは公式には公開されていない様子ですね。

体感では110N~130N ぐらいだと思います。高反発マットレスのモットンと同じぐらいですがふかふかして寝心地はこちらの方が良いです。

例えるならパンパンに張ったダウンジャケットに包まれてるような硬さと柔らかさを持った布団、という感じです。

50kg女性が寝た時はこんな感じです。重厚感があってがっしり支えられています。

ホルムアルデヒド検査合格で子供や赤ちゃんも安心です。

腰痛対策としての雲のやすらぎプレミアムの体感

雲のやすらぎプレミアムは公式では「腰痛対策 高反発敷布団」となっています。

沈まなさでいえばエアウィーブやモットンの方が硬めなので腰が沈みにくく負担が軽いかもしれません。

けど雲のやすらぎプレミアムだと腰部が沈むぐらい柔らかいか?というとそうではありませんでした。

私のような体重80kg未満の方なら雲のやすらぎプレミアムで体圧が分散されて面で下から支えられるのを感じるでしょう。

体重80kgより重い人だとどうなるかはわかりませんけど、一般的なコイルマットレスやスプリングマットレス、敷布団よりはじゅうぶん腰痛対策になると思います。

公式ページで190kgの関取の方が使用してるシーンを見ると大丈夫なんじゃないかと思いますね。

雲のやすらぎプレミアムをベッドに載せてみた

こちらは寝室のベッドに載せてみました。

マットレスの上にさらに雲のやすらぎプレミアムを重ねてもいいし、マットレス無しでベッドフレームの上にのせても利用できます。

(ちなみに左側の黒いのは高反発マットレスのモットンです。)

うつ伏せ寝もOKですね。キルティング加工の肌触りがよく寝心地はいいですね。汚れるので布団カバーしたいですね。

ちなみに夫婦でシングルベッド2台で寝てるときは両方の高さを合わせないといけないので高さ調整が必要だなと思いました。

あるいは雲のやすらぎプレミアムを2つ買わないと。

雲のやすらぎプレミアムは両面使えるリバーシブル仕様

秋冬はダイヤの模様を表にして使います。これによって羊毛のロレーヌダウンが上になることで温かさや弾力を保つようになっています。

春夏は縦のキルト面を上にして使います。こちらは帝人が開発した中綿(マイティトップII)が上に来るので、熱がこもらず通気性がよく夏でも快適に過ごせるようになります。

干すときは太陽が当たるように立てかけておくようにしましょう。できれば週1回メンテナンスされるとよい、とのこと。

雲のやすらぎプレミアム公式ページ
≫雲のやすらぎプレミアム公式

な、なんと!100日間返金保証

お試しキャンペーン中であれば100日間の返金保証がついています。

高反発マットレス自体は最近になって認知度が出てきたという背景もあってお試しできれば、と思う方が多いようです。

寝具屋さんやニトリなどに行っても高反発マットレスはメジャーではなくあまり置いてない事もしばしば。

今回の雲のやすらぎプレミアムはそれでインターネットでの販売ということなのでお試しができるように100日間の返金保証がついています。

これは高反発マットレスの業界ではNo1の長期保証だと言えます。※公式サイトでの購入限定

リスクなしで使うことができるので公式ページにてチェックしてみてください。

雲のやすらぎプレミアムの価格と3サイズ展開

サイズは3種類から選択できます。価格も以下のとおり。

  • シングルサイズ(横100㎝×縦200㎝)39,800円(税込)
  • セミダブルサイズ(横120㎝×縦200㎝)49,800円(税込)
  • ブルサイズ(横140㎝×縦200㎝)59,800円(税込)

個人的な価格とコスパの感想

高反発マットレスの中では価格は平均的のように思います。

高いのだと10万~20万円のものもありますし、逆に安いのだと5000円~1万円クラスもあります。

5000円クラスの名もなき高反発マットレスも使ったことがありますけど、反発数値が公開されてなかったり、硬さを選ぶ事ができず、体重に合わない硬すぎるものを買って失敗したことがあります。品質はちょっと微妙でした。

雲のやすらぎプレミアムはこの寝心地で、あとで紹介しますが国産ですから、この価格はコスパ的にはかなり良いと思います。

あとはどれぐらいの耐用年数があるか(ヘタリにくさ)は気になるところです。

公式発表では80000回の繰り返し圧縮試験で99.9%復元という驚異的な数値を出しているので、あまり心配していませんけど。

日本製?!製造工程をチェック

寝具に関しては日本製の商品あるいは、日本の会社が設計して作った商品をお勧めしています。

マットレスやベッドに関しては海外のメーカーの方が日本よりも進んでいるという側面はありますけど。

日本の気候、湿度、日本人の身長、体重などを考慮して作られていることが重要だからです。

私はいつも製造工程や作りへのこだわりをチェックするようにしています。

イッティ社の雲のやすらぎプレミアムはなんと「日本製」です。日本人の職人が製造しているということでこの上ない安心感があります。

しかも使われているウレタン素材も国産、ダウン羊毛だけはフランスロレーヌ地方産となっています。

まとめ、こんな方にお勧め

この商品は高反発マットレスの中ではそれほど高い値段でもないのに、厚みと寝心地が良いということで買って大満足の商品です。

とくに敷布団を探している人、買い替えを考えてる方。腰痛のかたもそうでない方でも寝心地はよいと思いますのでお勧めです。

返品保証もあるので試してみてはいかがでしょうか。